美容専門誌を見ていた時に、カラーリストの掲載されているページがあり、そこにはホイルがたくさん髪の毛に着けられた写真がありました。「これは何だろう!?」「どうなるんだろう?」「何のために??」と好奇心がふくらみ、そしてカットがあまり好きではなかった私は(笑)どんどんカラーリストへ興味を深めていくようになりました。

美容専門学校在学中に、ラランジェの横川店で2週間のインターンシップを行った際、とてもお客様の事を考えている社風と、キャストみんなが楽しそうに働いていて、仕事が終わった後もみんなとっても仲が良く、とにかく楽しい職場体験から「就職するならラランジェだ!」と決意しました。

働き始めは、それまでの学生生活とは大きく変わり、正直ものすごくしんどかったです。朝が早く、夜も遅いし、仕事が忙しくお昼ご飯が食べれなかったり、手も荒れて顔もカブレるし。。。本当に1年目2年目は大変でしたけど、とても良い先輩方に恵まれましたし、お客様に憶えてもらったり、カラーの指名を頂くと、とても嬉しく、疲れも吹っ飛びました。

私がカラーリストに興味を持ったキッカケとなった、ウィービングを美しく早く施術する事や、デザインカラーをされるお客様を増やす事。そして、後輩のカラーリストを、お客様のお役に立てるキャストに育成し、カラーリストになりたい人を増やすことです。お客様に「カラーはLARANJEのカラーリストじゃないと!」って言っていただけるように、もっともっと多くの方々にラランジェのカラーをご体験いただき、実感してもらいたいです。

スタイリストになりたい!と思ったのは、小学校の頃からです。私は中学校ぐらいまで、ずっと母にカットをしてもらっていました。その時に、いつも嬉しくってワクワクしていたのを覚えています。そして、「そんな気持ちに、今度は私が他の人たちにさせてあげたい!」と思ったからです。

私はラランジェの福利厚生がしっかりしているところに一番惹かれました。安心して働くことが出来るのが、やっぱり一番だと思いました。また、ラランジェにはトレーニングセンター(詳しくは、「ラランジェを知る」ページへ)といって、他のサロンには無いであろう特別施設があり、技術の向上にも力を入れている所にすごく魅力を感じたからです。

今まで美容師は華やかなイメージが強かったです。 しかし、実際はコツコツと日々の努力の積み重ねで、お客様一人ひとりの要望に応えていかなければいけないコミュニケーション力や洞察力、そして体力が必要な仕事だとつくづく感じています。だからこそ、お客様に喜んでいただいた時、大きな満足感が味わえるのだと思います。私も早くスタイリストになって、もっともっとやりがいを感じていきたいです。

私が今頑張っている事は『いつでも元気』でいる事です。ラランジェは美容業ですが、『元気提供業』でもあります。その考え方が私はすごく好きです! 今の私は、まだお客様の髪を切ったりすることで幸せを与えることは出来ませんが、自分の元気を提供する事は出来ると思います!元気や笑顔は伝染するものだと思います。私はお店で一番の元気の持ち主でいる事を頑張りたいです☆

職種を決める時には、まだ18歳だったこともあり、「美容師なら手に職がつき、一人でも生きていける仕事」で、かつ「自分がオシャレになれる仕事!」って考えが一番強かったと思います。その他は、まだ若かったので、社会に出るっていう事をあまりよく理解していなかったと思います。入社試験が面接だったというのも嬉しかったです(笑)。

何も分からない田舎者でしたので、父親の仕事関係の娘さんがラランジェに入社していて「広島で一番大きい美容室で、凄く厳しいけど耐えられるのであれば入社しなさい!」ってアドバイスをもらい、どうせ働くのであれば厳しい会社が良いと思い、すぐ見学に行き、働いている人たちがショートスタイルでとってもカッコよく見えて決めました。

学生時代と違い時間がハードでビックリでした。私が入社した頃はバブル景気だったので、友達はみんな時間が短くて私の倍の給料をもらっていて、しかも1年目2年目の私は、まったく美容師としてカッコ良くなかったので、正直、就職先を失敗したかな。。。と思っていましたが、「石の上にも3年!」って父からの教えを守り、辞めずに26年が経ち、今では友達の2倍〜3倍の給料をいただき、リーダーも経験し、ラランジェを辞めても社会で働いていける自信をつける事が出来ました。会社として大切なことは、公平な評価と社会で自立し通用する人材を育てられる事だと思います。

人を育てる事です。 自分の経験を活かし、キャストのお役に立ち、人を育てて感謝される人になる事。良い人材を育成する事で、お客様にも喜んで頂く!!

高校3年生の夏、進路を決めなければならないギリギリで美容室へ行った際、美容師になる事を決めました。理由は、キレイでオシャレな職場だと思ったから。そして何より、自分自身が美容室へ行った時には必ずウキウキ寄り道をしてから帰っていました。その時、美容師は、お客様自身も元気にするし、街も元気に出来る最強の職業だと感じ、美容師になる事を決心しました。

求人票を見て、高卒で入社が出来る事を知り、見学に行きました。当時、人事担当だった副社長が対応してくださり、たくさんお話をさせて頂きました。その中で、「美容師の仕事は、技術はもちろん重要だけど、働くという事は『考え方』がとっても大切!」と教えて頂き、ここなら技術と心を成長させてもらえる!と思いラランジェを選びました。

働き始めて一番びっくりしたのは、先輩たちがとっても優しかったこと。練習はとっても大変で、疲れから眠い日もありました。。。が、要領の悪い出来ない練習にずっと付き合ってくれる先輩や見守ってくれる店長がいてくれたので、頑張って乗り越える事ができました。

今、私は楽々園店の店長をさせて頂いております。 お店のみんなが、お客様に喜んで頂ける仕事が出来るよう、共に頑張るのが私の仕事です。私もアシスタント時代、沢山の先輩に支えられていたように(今もですが)、少しでもみんなの力になれたらと思います。 一緒に働くキャスト達が、ラランジェで仕事ができて良かったと言ってくれる事が、私のやりがいです。

ラランジェが成長し続けている秘密美TURN